強いかゆみに襲われるカンジダという性病

カンジダという性病は人間の体内に存在するカンジダ菌が増殖して発症する病気です。
男性よりも女性のほうがかかりやすく、一般的にはカンジダ症やカンジダ膣炎、膣カンジダなどと言われます。
性病ですが性行為からの感染率は低く自己感染がほとんどです。

カンジダ膣炎を発症する原因はいくつかあります。
その一つが免疫力の低下です。カンジダ菌は真菌=カビです。
普段は体内で増殖しないよう抑えられているのですが、体調の崩れなどからカンジダ菌を抑え込むことができなくなり増殖し発症します。

またホルモンバランスの崩れによる感染や、通気性の良くない下着や、締め付けのある下期の着用も感染の原因になっています。
カンジダ膣炎にかかってしてしまうと様々な症状が出ます。

まずおりものの変化です。
おりものは通常無色透明や少し白く濁った色をしています。
しかしカンジダ膣炎にかかると黄色っぽい色をしたものや黄緑色のおもりもの、茶色や灰色のおりものが出てくることがあります。

また鼻を衝くようなきつい臭いがしたり、白いポロポロとしたカッテージチーズ状のおりものが出てきたり、おりものの量が増えることもあります。
「かゆい」というのもカンジダ膣炎の症状の特徴です。

カンジダ膣炎のかゆみはとても強く、人によっては痛みや、熱く感じる人もいます。
激しいかゆみのため我慢できず、患部をかきむしってしまいその傷から菌が入り込みさらに悪化することもあります。
感染初期のかゆみは酷くなくても徐々に酷くなり、皮膚が赤く炎症を起こしてしまう場合もあります。

またこのかゆみはお風呂などで体温が上がると症状がひどくなり、かゆいことが原因で夜眠れなくなることもあるほどです。
ただし、中にはカンジダ膣炎に罹ってもかゆみや痛みもなくおりものもいつもと同じという無症状の人もいます。
症状がないのでなかなか気づくことは難しいのですが、おりものの量がいつもより多い日が続いた場合などは婦人科を受診してみましょう。

カンジダにはケトコナゾールが効果あり

カンジダに効果のある薬としてニゾラールがあります。
ニゾラールの成分はケトコナゾールで、ケトコナゾールは抗真菌薬の一種です。
カンジダの他にも水虫など皮膚真菌症にも効果的です。
日本ではクリームと液状で使用を認められていますが、海外では錠剤やケトコナゾール配合のシャンプーも販売があります。

ケトコナゾールがカンジダ菌に対してどのような働きをするかというと、人間とカンジダ菌は違う細胞膜に囲まれた細胞によって構成されています。
ケトコナゾールはその細胞膜の違いを利用して作用します。
カンジダ菌だけではなく真菌の細胞膜はエルゴステロールという物質からできています。
ケトコナゾールはそのエルゴステロールが出来ないように働くのです。
エルゴステロールが出来なくなるとカンジダ菌などの真菌は死滅していきます。
人間にはこのエルゴステロールは存在しないため人間に害を及ぼすことなく真菌のみを破壊できるのです。

ニゾラールの副作用は用量、用法を守ればほとんどないと言われています。
しかし全くないというわけではなく、刺激やかぶれ、かゆみなどの軽度の副作用が出る場合もあります。

またクリームタイプより液状タイプのほうが浸透力が高いため刺激が強くなります。
患部がただれているような場合は刺激の面からクリームタイプのほうが適しています。
ニゾラールは持続時間が長い薬なので一日一回の塗布で効果を感じることができます。
使用期間は2~3週間ほどです。

症状がなくなったからといって途中で使用を中止すると根っこの部分まで真菌を破壊できておらず症状がぶり返すことがあるので使用期間中はきっちり使わなくてはなりません。
ニゾラールは病院で処方される薬です。ケトコナゾール配合の市販薬はありません。