匿名で受けれる性病検査とは

性病にはさまざまな種類がありますが、共通しているのは性行為によって感染するというものです。
この性行為に感染することから、恥ずかしいといった思いをすることもあり、性病に掛かったかもしれなくても病院に行って検査をすることが億劫になりがちです。
しかし、性病にかぎらず病気は早期発見と早期に対処することによって治癒させることが可能になりますし、仮に治癒できない性病であっても進行を抑えることができます。
このため性病の感染の可能性があり、性器周辺や口腔内に違和感を感じるといった場合には検査を受けてその有無を知ることが大切です。

性病の検査のイメージ検査そのものは匿名で受けられる方法もあります。
第一に匿名での性病検査といえば保健所で行われているものです。
保健所によっては定期的に検査を行っており匿名で受けることができます。

流れとしては保健所で採血や採尿を行い引換券を貰って1週間後に再び保健所に行けば結果を知らせてくれるものです。
ただ保健所に行かなければなりませんし、またひと目もあり匿名とはいえやはり恥ずかしいものです。
無料という魅力はありますが保健所という場所からやや抵抗のあるものといえます。

一方で匿名で受けられる性病検査としてはキットを通販で買う方法です。
この場合には血液や尿を採取する容器が入ったものを購入して、それを使って血液や尿を検査機関に郵送して検査をしてもらい、後日に結果を知らせてもらうというものになります。
郵送による結果通知の場合には住所を知られてしまいますが、もちろんちゃんとした検査機関ですから個人情報は守られます。
また現在ではメールアドレスによる結果通知が可能なところもあり、この場合には完全に匿名でその結果を知ることができます。
なお、検査そのものは病院や保健所でも同じ方法が使われているので精度そのものも変わりあるものではありませんが、採血や採尿の方法によっては偽陰性が出る場合があるので注意が必要です。

通販サイトの性病検査キットと病院の検査キットの違い

もちろん性病の感染の有無は病院で調べてもらうことも可能です。
ただし、通販サイトの性病検査キットを利用する場合と比べ、病院で検査をする場合のほうが費用は高くなってしまいます。

病院で性病検査をする場合には匿名で受けることはできません。
病院で性病検査を受けたいときには、保健所で受けるときと同じように病院まで足を運ぶ必要があります。
したがって、待合室などで知り合いに会ってしまったりすることもありえます。
性病検査を受けることが誰かにバレてしまうのではないかと不安になりますし、やはり恥ずかしい思いをする可能性があることも否めません。

また、保険証を提出することになりますので、病院側に名前などが知られることになります。
そのうえ、保険を使うとなると、どこの病院を利用したのかという通知が扶養者のもとに届くことになります。
具体的な検査内容が履歴に記録されるわけではありませんが、両親に完全に隠しておくことは難しいでしょう。

ただし、病院によっては希望があれば無保険で性病の検査をしてもらうことも可能です。
しかしながら、無保険の場合は費用を全額自分で負担することになるため、保険を使う場合よりも費用が高額になってしまいます。
保険適用外の場合も費用は全額負担となりますので注意しましょう。

つまり、性病検査を匿名で誰にも知られることなく受けたいときや費用を安く済ませたいとき、保健所や病院へ出向く時間がないときには、通販サイトの性病検査キットを利用するとよいといえます。
とはいえ、もしキットで調べて性病に感染しているという結果が出た場合にはすぐに病院へ行きましょう。
キットには様々な種類がありますので、もし使うキットを間違えてしまうと正しい結果が出ないということも頭に入れておいてください。