おりものに変化が現れるクラミジアとは

クラミジアと呼ばれる性感染症は、日本国内で最も感染者数が多いと言われその数は100万人以上とされます。
原因菌であるクラミジア・トラコマティスが人の口内や膣内、尿道などの粘膜に接触することで感染します。
感染する原因のほとんどが性行為ですが、粘膜同士が接触する機会があるのならディープキスやオーラルセックスといった行為でも病原菌が体内に侵入する恐れがあります。
しかしクラミジアに感染したからといってすぐに体調不良が起こるわけではありません。
この性病には潜伏期間があり、原因菌に感染してから症状が出るまでに約1週間から3週間ほどかかります。

男性の場合クラミジア菌が尿道や前立腺に感染し、それぞれの部位で炎症を起こします。
排尿時に痛みを感じたり、性器から膿が出るといった症状が見られます。
この他睾丸部に腫れや痛み、太ももの付け根や下腹部痛が見られることもあります。

女性の場合主におりものに変化が見られ、これはクラミジア菌が性器から子宮と膣を結ぶ場所である子宮頚管に感染し炎症を起こすためです。
おりものは子宮頚管や膣で分泌される粘液が混合されたものであり、ウィルスなどの外部の敵から子宮を守る働きを持ってます。
なのでクラミジアに感染したばかりは子宮内部への侵入を防ぐため、おりものの量が増えていきます。
悪化すると子宮頚管炎や骨盤腹膜炎を起こしていき、この頃になるとおりものの色に変化が見られます。
患部が炎症を引き起こす理由から膿が出るので黄色っぽい、黄緑色に変色していきます。

おりものが黄緑色などに変色するのは膿が混じるためですが、女性のクラミジア感染の初期症状に不正出血があり膿の他血が混じるケースも見られます。
膣からの分泌液以外で見られる女性の症状は性器に痒みや臭いがある、性行為の際痛みを感じることなどが挙げられます。
クラミジアは放置すると不妊症に繋がる恐れのある病であり、少しでも体調が怪しい場合は医療機関で相談することが大切です。

クラミジアにはジスロマックが効く!

クラミジアは必ずしも治すことのできない病ではなく、病院などでは原因菌に対処できる薬があります。
最も医療機関で処方されるのがジスロマックと呼ばれるマクロライド系の抗生物質が挙げられます。
この薬を飲めば約9割以上の確率で原因菌を除菌できるとされ、クラミジア対策で最も有効的だと言われます。

ジスロマックは主成分であるアジスロマイシンがクラミジアの原因菌の増殖を抑える働きを持つために、性病対策に用いられます。
クラミジア以外では歯周病や副鼻腔炎にも有効と言われ、その抗菌効果の高さが伺えます。
ジスロマックは副作用の少ない薬でもあり、妊婦や子供、別系統の抗生物質でのアレルギー反応が出る人でも服用できる特徴があります。
完全に副作用がないわけでなく、下痢といった症状が報告されることもあります。
しかしこれは多くの抗生物質に見られるものであり、特にジスロマックのみが引き起こすものではありません。

クラミジアに有効なこの薬は効果の持続時間が長く1回の服用で済み、長期間飲み続ける必要が少ないとされます。
胃腸が弱く、下痢が心配な人でも3日に分けて飲めば消化器不調のリスクを下げることができます。
またお腹の調子を整える整腸剤を併用して飲む方法もあります。

ジスロマックは比較的飲み合わせによる危険が少なく、整腸剤の他市販される鎮痛剤や風邪薬との相性も良いと言われます。
飲み合わせの問題がないのは抗生物質が含有してない風邪薬などを指し、これが含まれる薬の併用は危険なので注意すべきです。
基本的に抗生物質は医師しか処方できないものなので、市販のものは危険が少ないです。
医療機関でジスロマック以外の薬を処方される場合は、今服用してる薬のことを報告して安全に病を対処することが大切です。